>医療法人 啓眞会 くにちか内科クリニック

スマホ用QRコード

二次性頭痛(危険な頭痛)

 

頭痛の原因は様々です。素人判断では危険な場合があります。

まずはご相談を!

 

 

危険な頭痛と辛い頭痛

 

 頭痛(headache,cephalalgia)といっても、命が脅かされるような危険な頭痛から、そうでないものまで多種多様です。頭痛は脳に異常がない一次性頭痛と脳に異常があっておきる二次性頭痛の2つに分類されます。

 

 一次性頭痛は数年以上前から同じような頭痛を繰り返している慢性頭痛(いわゆる頭痛持ちの頭痛)で、片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛がその代表です。命には別状ありませんが、日常生活に支障が出るなど困った頭痛です。

 

 二次性頭痛は急におこった頭痛で、これまでに経験がないひどい頭痛、突発して短時間でピークに達するような頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴うような場合はくも膜下出血などの脳出血や髄膜炎などの可能性もあり注意が必要です。また、数週間のうちに悪化してくるような場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性もあります。二次性頭痛は緊急性が高く場合により命に係わる危険のある頭痛です。

 

 日常臨床においては、「緊急性が高く」「危険な」二次性頭痛→その他の二次性頭痛→一次性頭痛→まれな一次性頭痛の順に考えます。

 

☛ 一次性頭痛へ

 

危険な頭痛のレッドフラッグサイン

 

 次の様な場合は緊急性が高く、見逃すと怖い二次性頭痛の可能性が高くなります。レッドフラッグサイン(red flag sign)と言われています。

 

1)突然発症の頭痛(数秒以内にピークに達する頭痛)

2)今までに経験したことがない人生最悪の頭痛

3)頻度と程度が増していく頭痛

4)いつもと様子の異なる頭痛

5)50歳以降に初発の頭痛

6)神経脱落症状(言語障害や手足の麻痺など)や視力障害を有する頭痛

7)妊婦、癌や免疫不全の病態を有する患者の頭痛

8)精神症状を伴う患者の頭痛

9)発熱、項部硬直、髄膜刺激症状を有する頭痛

10)咳、労作、性交、Valsalva手技(息こらえなど)で増悪、体位で変化する頭痛

 

 

見逃すと怖い頭痛(二次性頭痛)

 

も膜下出血(SAH、subarchnoidal hemorrhage)

  • 発症すると1/3が亡くなり、1/3が後遺症を残し、残り1/3が後遺症なく回復するといわれている。
  • 突然発症人生最悪の頭痛ではまずSAHを考える。
  • 雷鳴頭痛は多くは数秒以内であるが長くても1分以内にピークに達する頭痛。くも膜下出血がその代表だが片頭痛や脳動脈解離、小脳梗塞、下垂体卒中などのこともある。
  • 突発する激しい頭痛を訴える場合はSAH患者の80%。救急車で運ばれてくるケースが多いが、出血量が少なければ歩いて外来を受診するケースもある(Walk in SAH)。
  • 軽度の頭痛に加えめまい、嘔気・嘔吐、意識障害などで発症することもある。全く頭痛を訴えない場合もある。
  • 患者の10~50%はSAH発症前に警告頭痛がみられることがある。多くは1分以内にピークに達し1時間以上持続するが、24時間以内に消失することが多い。
  • 頭痛診療においては「いかにSAHを見逃さない」ことが大切。
  • 突然で今まで経験したことがないような激しい頭痛がある場合は、すぐに救急車を呼んでください。
  • それ以外でSAHが心配な方は脳神経外科への受診をお勧めします。

脳動脈解離

  • 椎骨脳底動脈解離と内頚動脈解離がある。本邦では4:1と椎骨脳底動脈解離が多い。
  • 突然発症の片側の後頭部~後頚部で発症する。
  • 頸部の外傷、頸部の回旋や伸展を伴う美容院でのシャンプーやカイロプロテック、スポーツなどで頸部の運動に引き続いて起こることもある。

髄膜炎、脳炎

  • 増悪する今までに経験したことがない頭痛
  • 咳や歩行で響く頭痛
  • 発熱、嘔気、意識障害、頸部光過敏、音過敏
  • ウイルス性と細菌性がある。

■脳出血

  • 高血圧の既往が多い
  • 突然の発症
  • 症状は出血の部位や出血量により様々。頭痛、嘔気・嘔吐、めまいなどの自覚症状や意識障害、手足の麻痺、口のもつれや言葉の障害などがある。

■脳静脈血栓症、静静脈血栓症

■脳腫瘍

■頭部外傷

■下垂体卒中

■高血圧脳症

  • 急速発症の頭痛、嘔気・嘔吐、視力障碍、けいれん、意識障害
  • 発症前数日より頭痛、めまい、視力障害があることが多い。
  • 長期の高血圧患者:220/110㎎Hg以上、正常血圧者では160/100㎎Hg以上が多い。正常血圧のこともある。
  • 血液脳関門の破綻による。

■急性緑内障発作

  • 失明の原因の第一位は緑内障。
  • 緑内障は多くの場合、眼痛や頭痛などの自覚症状はない。
  • 急性緑内障発作では「目と目の周り(特に目の上部)」の痛みと放散痛としての頭痛をきたすことがある。
  • 緑内障発作の前に「目が重たい」「目がかすむ」「光の周りに虹のようなものが見える」といった前触れの症状がある。
  • 放置する短時間で(球速に)失明することもある。

 

慢性硬膜下血腫

  • 硬膜下血腫は急性(受傷後24時間以内)、亜急性(受傷後1~14日)、または慢性に分けられる。
  • 硬膜下血腫の危険因子:頻回の転倒、アルコール依存症、抗凝固剤(ワーファリン、直接作用型抗凝固剤DOAC、アスピリンなど)
  • 急性および亜急性の硬膜下血腫は病歴が判明しているため通常は診断上の問題にはならない。
  • 慢性硬膜下血腫は受傷後数週~数か月して微細な症状を呈し診断が困難なことがある。
  • 高齢者および脳の委縮した患者にみられることが多い。脳委縮があると徐々に増大する血腫にも順応できるため症状が分かりにくい。
  • 高齢者では頭部外傷歴を確認することはしばしば困難なことがある。

CO中毒

  • 冬、ストーブ、練炭使用
  • めまい、集団発生
  •  

■CO2ナルコーシス

  • 呼吸器疾患、肺気腫(COPD)、喫煙歴
  •  

■側頭動脈炎

 

■褐色細胞腫

 

■頸部痛、顔面痛、眼痛(眼球運動時痛)

 

 

見逃したくない頭痛

 

■低髄圧症候群(脳脊髄圧痛漏出症)

  • 座位・立位で増強する頭痛、臥位で改善
  • 嘔気、耳鳴り、めまい、倦怠感
  • 外傷、腰椎穿刺の既往

■帯状疱疹

  • 片側のピリピリした疼痛、時に皮疹が認められないときがある
  • 免疫不全

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

  • 起床時の頭痛、いびき、無呼吸、日中の眠気

■低血糖

  • 糖尿病治療歴、動悸、冷や汗、意識障害

■貧血

  • 動悸、立ちくらみ、易疲労感、労作時の呼吸困難