>医療法人 啓眞会 くにちか内科クリニック

スマホ用QRコード

ごあいさつ

 

院長の 國近 啓三(くにちか けいぞう)です

 

 

経歴

昭和52年 岡山大学医学部卒業、同第二内科入局
昭和59年 倉敷市立児島市民病院 内科医長
昭和63年 愛媛県立中央病院 消化器科部長
平成12年 香川労災病院 消化器内科部長
平成13年 札幌東徳洲会病院 消化器内科部長
平成15年 稲積公園病院 内科医長
平成17年 稲ロイヤル病院 星置クリニック 院長
平成19年 くにちか内科クリニック 院長

 

 

 昭和52年岡山大学医学部卒業、同年岡山大学第二内科に入局。その後は中国四国地方で消化器病を中心とした医療に携わってまいりました。平成13年新たな可能性を求め北海道に移住。

 

 以前は、①食道・胃・大腸などの消化管のがんの早期発見と内視鏡治療、②胆嚢・胆管、膵領域のがんの早期発見、③外科的手術で根治が困難な場合の内視鏡的治療、④総胆管結石の内視鏡的治療、⑤肝硬変に合併した食道静脈瘤の内視鏡治療、⑥B型・C型慢性肝炎の治療(当時はインターフェロン治療が主)、肝細胞癌の早期発見と(内科的)治療などを主として行ってきました。

 

 これらの領域は、いずれも一人の医師のみの力で診療を行うことは困難です。従って、現在は早期発見に努め、精密検査や治療は専門の施設への紹介が主となっています。

 

 また以前は、がん(悪性疾患)の早期発見・治療などが消化器病の主流の一つで、「お腹、胃腸の調子が悪い」「便秘・下痢」「脂肪肝(メタボ)」など機能性疾患にはあまり光が当たっていなかったようです。しかし、最近はこれらの領域も主流の一つに加わってきました。当院ではそれらの機能性疾患にも力をいれた診療を行っています。

 

 さらに、消化器内科のみでなく一般内科、高血圧、糖尿病、高脂血症、メタボ、骨粗鬆症などの生活習慣病や禁煙外来、睡眠障害(不眠症)、認知症(もの忘れ)などにも積極的に取り組んでいきたいと思っています。

 

 

■所属学会

学会

資格
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本糖尿病学会  

 

 

■趣味

スキー ☞ スキーへリンク

スキーに興味のある方 ☞ 院長の独り言

 

 

■院長の独り言(スキー関連)

「分かる」という事 2013年  

スキーと私(その1)2015年

スキーと私(その2)2016年  

スキーと私(その3)2017年

スキーと私(その4)2018年

 

 

【ページの移動】

基本理念 

指針 

どんなことでも…お気軽に

インフォームド・チョイス

 

院長ご挨拶