>医療法人 啓眞会 くにちか内科クリニック

喫煙とは合法的な殺人である

 

 

 喫煙とは、喫煙者本人にとっては自殺行為です。すぐには死ねませんが、その毒性により20~30年後にはジワジワと効いてきます。

 

 喫煙とは、周りの人に対する殺人行為です。受動喫煙により20人に1人が早死にする可能性があります。さらに、家庭内や職場内での受動喫煙より7人に1人が早死にするとされています。

 ただし、この殺人は法律上、罪には問われません。無罪、すなわち「合法的殺人」です。