>医療法人 啓眞会 くにちか内科クリニック

頸動脈超音波検査

 

 

頸動脈超音波検査

 

 脳に血液を送る首の動脈(頸動脈)を超音波で簡単に視覚化できる検査で、動脈硬化の早期発見や進行具合を確認できます。

 

 頸動脈とは脳に血液を送る首の血管です。頸動脈エコー検査とは首の血管の様子を超音波を使って画像で見る検査です。これにより動脈硬化の早期発見や進行具合がわかります。その際に計測されるのが、動脈硬化の指標のひとつであるIMT(Intima Media Thickness、内膜中膜複合体肥厚度)で、三層からなる動脈壁の内膜と中膜を併せた厚さのことです。頸動脈のIMTが1.1mmを超えると動脈硬化と診断され、同様に全身の動脈硬化の進行も進んでいると考えられます。

 

 動脈硬化は老化でも進行しますが、通常であれば1.1mmを超えることはありません。また、IMTの肥厚以外にも血管壁に限局性の肥厚がみられる場合があります。これをplaque(プラーク)と呼び、動脈硬化の指標として重要です。

 

 高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満などがあると、血管壁が厚くなって脳血管障害や虚血性心疾患のリスクが高くなります。