>医療法人 啓眞会 くにちか内科クリニック

インフォームド・チョイス

 

 

インフォームド・コンセントとインフォームド・チョイス

 

 

 

インフォームド・コンセント(説明と同意)

 インフォームド・コンセント(informed consentとは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。

 

 特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上でinformed)、対象者が自らの自由意志に基づいて医療従事者と方針において合意するconsent)ことである。単なる「同意」だけでなく、説明を受けた上で治療を拒否することもインフォームド・コンセントに含まれる。

 

 説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。

 

インフォームド・チョイス(説明と選択)

 インフォームド・チョイス(informed choice)とはインフォームド・コンセントをより一歩進めた概念。

 

 コンセントは十分な説明の上で、双方(医療側と患者側)が合意すること。チョイスは十分な説明を受けたうえで、患者側が自らの意志で選こと

 

 

 

 

インフォームド・コンセント

インフォームド・チョイス

医師の独断

 

 

インフォームド・コンセント

医師は患者さんに色々の検査・治療方法を説明

効果・副作用・他の方法など…

検査・治療方法は患者さんの同意を得た上で医師が決定する

患者側は拒否する権利もある

 

インフォームド・チョイス

自らの意志で患者さんが決定する

 

独断的方法

治療・検査方法の詳しい説明をしない

効果・副作用・他の方法など

患者側の理解・同意を得ていない

医師が検査・治療方針を独断で決める

 

インフォームド・チョイス

 

 

決めるのは医師ではありません

あなたです!

 

 

 

【ページの移動】

基本理念 

指針 

どんなことでも…お気軽に

インフォームド・チョイス

 

院長ご挨拶